Welcome to our Blog

ypeTalks欧文分科会第7期募集のお知らせ

TypeTalks欧文分科会『欧文組版のABC』第7期「基礎から応用まで」の応募が開始されました。「なんとなく欧文書体を選び、なんとなく組版をしていませんか?」そんな問いかけ始まった欧文分科会も7期を迎えました。人気の活版実習や関心が多かった「日本語版を欧文版に変えるときの注意点」を追加しました。締切は4月7日(金)23:59までです。詳細、申込は以下のサイトから。

    http://www.aoyamabc.jp/culture/typetalks-abcsession7/

第39回TypeTalksのお知らせ。

今回は「デザイナーが知っておきたい、西洋紋章の基本」です。「紋章のような、紋章っぽいロゴをつくってほしい」と依頼される事はありませんか?キチンと基礎を学んで自信を持って作成してください。講師は西洋カリグラフィーの第一人者ミュリエル・ガチーニ先生です。詳細募集は以下のサイトから

    http://www.aoyamabc.jp/culture/typetalks39/

TypeTalks欧文分科会第6期の申込締め切り。

TypeTalks欧文分科会第6期の申込締め切りは1月6日、昼の12時です。「なんとなく欧文書体を選び、なんとなく組版をしていませんか?欧文組版、和欧混植、併記の印刷物のコツも基礎からお伝えします。印刷博物館での活版実習も行います!

    http://www.aoyamabc.jp/culture/typetalks-abcsession6/

明けましておめでとうございます。

当社は昨年末設立60周年を迎えました。また新たに1年から始める覚悟で進んで行きたいと思っています。また「欧文組版 中国版」の出版があり、それに伴う中国、上海でのプロモーション、セミナーや上海視覚芸術学院での講義がありました。1月にNHK国際放送「WorldのNewsroom Tokyo」、3月に同じく NHK BS プレミアム「TOKYO ディープ!#34神楽坂」、6月に高田純次の「#じゅん散歩」のテレビ取材がありました。色々な方々の参加を得て年間52回のセミナーワークショップなどで、「欧文組版」のおもしろさをお伝えしました。今年も欧文金属活字による活版印刷に邁進してまいります。本年もよろしくお願いします。今年は年賀状の書体は #CooperBlack、デザイナーはOswald B. Cooperです。1921年にBarnhart Brothers & Spindlerから生まれのこの書体は父と同じ96才になります。

お知らせとお礼

有限会社嘉瑞工房 はこの度、創立60周年を迎えました。金属活字から写植、DTP、活版印刷からオフセット印刷、オンデマンド印刷と激動の印刷業界で一貫して欧文活字による活版印刷を続ける事ができたのはひとえに支えて頂いた皆様のお陰と感謝しております。今後もより良い欧文印刷を目指し精進してまいります。

Typetalks欧文分科会 第6期募集のお知らせ

「基礎から応用まで」の募集が開始されました。毎回好評の活版実習in印刷博物館では開催中の「#世界のブックデザイン 2015-16」の見どころツァー企画しました。詳細、申込は以下のサイトから。申込締切りは2017年1月6日(金)12時までです。
青山ブックセンターさんの冬季休業期間: 12月27日(火)~2017年1月5日(木)休業期間中、電話、メールでのお問合せや講座のご予約への対応がかなくなります。メールにていただいたお問い合わせ・ご予約につきましては、6日以降、順次、対応させていただきますとの事です。

    http://www.aoyamabc.jp/culture/typetalks-abcsession6/

就職ジャーナルWeb版のインタビュー

就職ジャーナルWeb版に「仕事とは?」というインタビュー記事がアップされました。(前後編)その他の方は偉い人ばかり。成功者でもないし、単なる活版職人の話ですが、よろしければのぞいてみてください。
「後編」は仕事への基本的な姿勢や、活版印刷の未来についてお応えしました。

    http://journal.rikunabi.com/p/worker/job/22561.html
    http://journal.rikunabi.com/p/worker/job/22569.html

第37回 #TypeTalks のお知らせです。

10月15日 (土)18 時より。今回は「中国語書体と組版のABC、中欧混植と和欧混植の考え方 3」。講師に今回拙書「欧文組版」中国語版の翻訳をお願いした劉慶さんをお迎えして、中欧混植などについて語ります。また、小林章さんが参加したタイポグラフィのイベント「#TypePro」(上海・深圳)のお土産話を含め、中国の最新の文字事情もお送りいたします。ますます必要とされる、日本語、中国語、英語の混植について理解を深める絶好のチャンス!デザイナーの皆様はもちろん、仕事で多言語を扱う方々にもぜひ聞いていただきたいセミナーです。詳細、お申し込みは以下です。
http://www.aoyamabc.jp/culture/typetalks37/http://www.aoyamabc.jp/culture/typetalks37/

[海外出張のお知らせ]

9月22日(木)から26日(月)まで、中国、上海にでかけます。お知らせした「欧文組版」中国語版出版のプロモーション、上海視覚芸術学院での講義、デザイナー向けの講演、ワークショップなどを行います。営業日では金、月がおりませんが、留守のものがおりますので、伝言は可能です。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。
http://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MjM5MTM2Mjc5Mg==&mid=2650031204&idx=1&sn=a1ba2538958c9516798ca44f1b4037e7&scene=1&srcid=0823ARHQnr3Z9VJKdDGHX4ce#rd

「欧文組版」の中国語版の予約が開始

中国在住のデザイナーさんをご存知の皆様へ。拙書「欧文組版」の中国語版の予約が開始されました。中国アマゾンで予約ができます。新しいフォントも使われていて美しい組版です。アカウントを作っておけば、日本からも国際クレジットカード決済が出来、国際発送も出来ます。(当然、運賃はかかります)中国アマゾンの予約サイトは以下です。ご紹介よろしくお願いします。

    https://www.amazon.cn/西文排版-排版的基础和规范-高冈昌生/dp/B01J6Y7QIE/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1471412349&sr=8-1&keywords=西文排版