Welcome to our Blog

新春ご挨拶 2020年

新年明けましておめでとうございます。

昨年は懸案だった、増補改訂版「欧文組版 タイポグラフィの基礎とマナー」(烏有書林刊)を発刊することができました。

他に、当社の活版印刷で出版された書籍、当社や父重蔵のことをお取り上げ頂いた書籍などが数多く出版されました。

『まだ未来』多和田葉子著(ゆめある舎刊)(当社活版印刷)

『印刷・紙づくりを支えてきた 34人の名工の肖像』(グラフィック社刊)父重蔵の紹介記事

「希望はいつも当たり前の言葉で語られる」白井明大著(草思社刊)父重蔵とのエピソード。

デザインのひきだし37/活版・凸版印刷特集(グラフィック社刊)(当社紹介)

『活版印刷コレクション』(BNN新社版)(当社紹介)

『本をつくる 書体設計、活版印刷、手製本 ──職人が手でつくる谷川俊太郎詩集』鳥海修,高岡昌生,美篶堂,永岡綾(河出書房新社)企画・監修「本づくり協会」

『私たちの文字』 本づくり協会刊(当社活版印刷)

セミナー、講習、講演、講義が57を数え新記録になりました。

主宰しているTypeTalks 欧文分科会基礎編が11期、中級編も4期を終えることができました。8月には過去参加者が集まり同窓会も開催できました。

11月にMonotype社主催の「Type&」に小林章さん、田代眞理さんと共に登壇しました。

年末に大きなことがありました。12月28日に中国、広州で開催された『広州国際漢字創意シンポジウム』に字游工房の鳥海修さんと参加して「欧文組版」の話しをしてきました。会場では500人程の参加でしたが、ライプ配信で何と197万人が視聴したそうです。

昨年は企業セミナーが2社合計14回と充実していました。特徴は1回のセミナーではなく、6回、8回とじっくり時間を取って頂けたということです。

その他、定例の「カリグラファのためのタイポグラフィセミナーSeason 3」、本づくり学校、サインデザイン協会、トークショー『活版の話しが聞きたい』、東北芸術工科大学講義など行いました。

10月に「グドルンさんに捧ぐDiotima とカリグラフィと活版印刷展」を開催しました。その様子を小林章さんに報告して頂き、喜んで頂いとの報告を受けて喜んでおりたが、12月13日に敬愛するGudrun Zapf von Hesseがお亡くなりになりました。心からご冥福をお祈り致します。

プライベートでは末娘が成人式を迎え、次女が結婚しました。

大きな病気などもなく健康に過ごせた1年でした。

今年も皆様にとりまして良い1年になりますように、お祈り致します。


第47回 #TypeTalks のお知らせ

今度のTypeTalksは「『目的で探すフォント見本帳』(Typography Books)刊行記念 イメージにあったフォントの探し方」です。6月1日。「高級感のあるフォントを使いたいけれど、どれがいいの?」などフォント選びで困ったことはありませんか? イメージに合ったフォントを探すにはどうしたら良いか。目的別に紹介した書籍『目的で探すフォント見本帳」の刊行を記念して、その制作チームにフォンと選びのコツを伺います、詳細、お申し込みは以下のサイトから。

http://www.aoyamabc.jp/culture/typetalks47/?fbclid=IwAR1N6INdNwziAGUeFVbTIWyH0w6ZevFHJff_YCugcJN4xkxFUUJw54B140E

 

 

誤植の訂正とお詫び。

『私たちの文字』(美篶堂、2019年2月刊)に誤植がございました。「LETTERS FOR US」本文2行目 hiragana’sの最後のsはイタリック体ではなくローマン体の誤りです。謹んで訂正致しますとともに、深くお詫び申し上げます。

新春ご挨拶 2019年

_新年明けましておめでとうございます。
昨年は2月に一昨年に亡くなった父、重蔵の想い出の会を、開催する事ができ120名を越す方々にご参加頂き、一つの区切りになりました。私にとっては大きな羅針盤を失いましたが、生前に受けた道標をもとに新たなる道を切り開いて参ります。
来年にはオリンピックを迎えます。欧文組版の需要も増えるのではないでしょうか。今年も一月からTypeTalks 欧文分科会中級、明日館セミナー、企業連続セミナー、カリグラファのためのセミナーなど良質の欧文組版を学ぼうという機運も高まっていると思います。
今年こそ新しく「欧文組版」の本を皆様にお届けできるように努力致します。
本年も宜しくお願い致します。今年の年賀状の書体はHadriano stonecutとHadriano、宛名面はSpartanです。手書風の書体を意識して用紙は竹尾さんの「羊皮紙」を使い、一部に浮き出し加工を施しました。
一月元旦
高岡昌生

「本づくり協会フェア」開催in京都の恵文社一乗寺店

9/25-10/1 京都の恵文社一乗寺店さんで「本づくり協会フェア」開催します!期間中はセミナー、サロン、ワークショップ開催します。9月29日土曜日14時-16時に「街や生活の中の欧文をみてみよう」ということでお話します。デザイナーさんでなくても専門知識がなくても大丈夫!日常生活や街角にある欧文、組版の楽しいお話をします。お申込みは恵文社一乗寺店ウェブフォームか、店頭075-711-5919まで。

    http://www.keibunsha-store.com/gallery/6721

[お知らせ]TypeTalks欧文分科会 基礎編第9期

10月より #TypeTalks欧文分科会 基礎編第9期の告知がアップしました。今回より応募が先着順となります。また土曜日夕方からの開始が変動しますのでご確認ください。好評の #印刷物博物館 での活版ワークショップも行います。なんとなく欧文を選び組版していませんか?改めて欧文組版を基礎から学びましょう。詳細、応募は以下のサイトから。

    http://www.aoyamabc.jp/culture/41280/

第43回 TypeTalksのお知らせ

第43回 TypeTalks はミュリエル・ガチーニ先生の「書の歴史ーメソポタミアからヨーロッパの21世紀まで」。最近手書きの書体が注目を集めています。カリグラフィに興味がある方だけではなくデザイナーさんも是非!貴重な資料もお持ち頂き展示します。詳細、お申し込みは以下のサイトから。お急ぎください!

    http://www.aoyamabc.jp/culture/typetalks43/

自由学園明日館公開講座「活版印刷の500年」募集のお知らせ

昨年も行いました公開講座にご要望があり今回は2回で行います。
日常で日々触れるアルファベット。欧文活版印刷を永らく営んでいる私から500年の変遷とこれからをお話します。デザイナーさんや専門家である必要はありません。お気軽にご参加ください。
同じく公開講座「手製本の楽しみ」では私が印刷博物館でタイトルの活版印刷を体験指導します。そのタイトルを使って美篶堂さんが角背製本の日記帳制作を指導します。終了後には貴方だけの唯一無二の日記帳が完成します。
詳細お申し込みは以下のサイトから。

    http://www.jiyu.jp/kouza/kouza.html

謹賀新年

謹んで新年のご挨拶をいたします。
昨年も、お客様、セミナー受講者の皆様、関係者の皆様には大変お世話になりました。9月15日に当社創設者であり私の父でもあります高岡重蔵が96歳で永眠いたしました。生前皆様からのご交誼に深く感謝いたします。今年も変わらず父の創業しました活版印刷会社 嘉瑞工房を守って行きます。同時に欧文組版について、より深く皆様にお伝えするべくセミナー活動にもより懸命に取り組みます。多くのセミナーで受講者の悩みや想いをお聞きする度に表面的な組版行為だけの問題だけではなく、それをクライアント、所属会社に理解して頂く方法も大切だと言うことを実感しました。今年のセミナーでは欧文組版の重要性の伝え方も一緒に追求したいと思います。
今年から父のいない嘉瑞工房ですが、原点を見つめるべくグリーティングには嘉瑞工房創始者で父の師匠でもある井上嘉瑞氏の言葉を組版しました(書体は父も好きだったNarrow Bembo Italic)
80年も前の言葉ですが父と私が追求してきた世界です(英語訳は小林章さん)。今年もよろしくお願い致します。

第42回TypeTalksのお知らせ

第42回TypeTalksは「TypeTalks42 ヨアヒムの漢韓観(かん・かん・かん) ヨーロッパ人の目から見たアジア圏の欧文書体デザイン」です。デザイン、書体デザイン、そして今は韓国で教育活動をしているヨアヒム・ミュラー・ランセイさんをお招きします。聞き手は小林章さん。1月27日(土)18時より。詳細お申し込みは下記のサイトから。

    http://www.aoyamabc.jp/culture/typetalks42/